高松市花園町のアットホームな歯科医院

審美歯科

オールセラミッククラウン(内冠はジルコニア)を使用した治療例

オールセラミッククラウンとは、金属を使わずセラミックだけでできた被せ物のことです。

透明感のある自然な歯を再現し、機能的・審美的に歯の機能を回復することができます。また、金属を使わないことによって金属アレルギーや歯茎の黒ずみを予防することもできます。

金属と同等の強度をもつジルコニアフレーム(内冠)のオールセラミッククラウンにすることで、色だけでなく、透明感も天然歯に近づけることができるようになります。

とりわけジルコニアはヒトの身体、歯肉との親和性がよく、軽度の歯周病はジルコニアを使った冠を被せることで改善される傾向があります。

CIMG4000

初診時 審美障害があります。

CIMG4001

上の前歯にフォーカスしてみると、歯の軸のズレもあります。

CIMG4013

裏側からみてみると、虫歯が中で広がっています。

 

CIMG0851_LI

虫歯の除去中。矢印のところは、歯肉の中まで虫歯が広がっています。

患者様はMTM(歯の移動)なしで、オールセラミッククラウンの治療を希望されました。

 

CIMG14999

仮歯の見え方の確認をしているところです。

CIMG1502

仮歯の形態(歯肉からの立ち上がりや切端の位置・豊隆など)、かみ合わせをチェックしています。

歯の軸のズレも、歯の形態によってわかりにくくなっています。

 

CIMG1718

完成前(最終研磨前)に適合、かみ合わせ、形態、シェード(色、明度、彩度)を確認しているところです。

 

CIMG2155

最終研磨後にオールセラミッククラウン装着したところです。

「とてもナチュラルできれい!!違和感も全くない!!」ということで、患者様に大変満足していただけました。

CIMG2159

横からのチェック 歯肉の中からの立ち上がり部分もきれいに仕上がっています。

 

審美歯科のその他の被せとして、

オールセラミッククラウン(e.maxクラウン:e-max(イーマックス)はニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分にしたセラミックで、ここ数年人気の歯科素材。自然歯と見分けがつかないほどの美しさ・審美性を持ち合わせ、従来のセラミック素材よりも硬いセラミックです。

オールセラミッククラウン(フルジルコニアクラウン):フルジルコニアクラウンは1層なので薄くて丈夫に作ることができ、かぶせる歯を削る量も比較的少なくて済みます。歯を作るスペースが少ない場合や神経が生きている場合、奥歯のブリッジなどで提案しています。

メタルボンドクラウン:金属でできた内冠の外側を、白く透明感のあるセラミックで覆った被せ物。透明性や色調はオールセラミッククラウンに比べると劣ります。

 

それぞれの素材のメリット・デメリットがございます。当院では、患者様の口腔内の状況にあった素材を提案しております。

お気軽にご相談ください。

TOPへ